結婚式ムービー作成の【想-omoi-】

写真の選び方の失敗例
[photo select miss]

1. 自己満足的なムービー

せっかくの結婚式だから、あれもこれも写真を使いたい!!

そうなってしまうと、当然尺も長くなり、ご参列の方にも、両親にも『結局なにを伝えてたいのか』が全くわからなくなり、
せっかくのムービーなのに『?』が残ります。

2. 最近よく目にする少し残念なムービー

  • アングルがほとんど同じ写真ばかり
  • 写りのいい写真ばかり選びすぎて、昔の写真が今っぽい。
  • 高級料理など、背伸びした写真ばかり。
  • 生い立ちの写真が少なく、最近の写真ばかり。
    などなど。

しかしながら、上記の事があてはまる=残念なムービーというわけではありませんが、上記の事は、二人が二人のことしか考えていない為、起こりうるムービーです。
二人の事を祝福し、楽しみにして来てくれる方々を意識して制作することが大事です。

3. 見たい写真と、見せたい写真は違う

見たい写真と、見せたい写真は違う
ということです。

難しければ、友達や両親と一緒に選定してみましょう。
多少写りが悪くても印象に残る写真や、とてもおもしろい写真が選ばれる事が多くあります。

もし自分が友達に、友達の結婚式の写真を選んで欲しいと言われたらどうしますか?
多少写りが悪くても印象に残る写真や、とてもおもしろい写真を選びませんか?

また「〇〇さんが写ってる写真が無い!」
「沖縄に行った時の写真を絶対入れたい!あ、グアムに行った時ものも・・・」
言いながら枚数が増える事はないと思いませんか?